2013年02月06日

今日こそは…

妊娠37週と4日

不妊治療のクリニックから、今の病院に移って以来、主治医は一番年上のベテランのA先生でした。
主任部長の肩書でした。
物腰が柔らかく経験豊富で、双子の症例数も管内では最も多いということで、安心して診てもらっていました。

それが、去年の12月に切迫早産で受診した日は、そのA先生は外来当番ではなかったため、他のB先生に診てもらいました。
そのB先生が入院を判断し、その後いつの間にか新しい主治医となっていました。
あとで病院のホームページを見て気づいたのですが、B先生は赴任して間もない先生でした。
元は大学病院に勤務していた先生です。
そして、そのB先生が主任部長となり、元の主治医のA先生は"ただの"部長に降格していました。
おそらくA先生はもうすぐ定年で、世代交代が近づいているのだと思います。

入院後は新しい主治医のB先生が妻の治療方針を決定していましたが、妻は元のA先生を信頼していて、時々回診に回ってくるA先生にいろいろと相談をしていたようです。
今回の出産予定日はB先生の主導で決まり、昨日から今日に予定が延期になったのも、B先生が決定したようです。
なので分娩時にはB先生が付くのかと思ったら、A先生ともう一人若い先生の二人で入ることになったそうです。
これには妻もとても安心していました。

A先生によれば、もう延期は絶対にないそうです。
今日こそは生まれてきます。

私は今日どうしても抜けられない仕事が入っていたのですが、上司や同僚のご好意により、今日は朝から出産に立ち会うことが可能になりました。
職場の皆さんに感謝です。



posted by とうちん at 06:10| Comment(0) | 妊娠28週〜37週(妊娠後期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

仕切り直し

妊娠37週と3日

昨日は早めに寝たのですが、緊張して夜中に何度も目覚め、熟睡できませんでした(^_^;)

今朝早く妻に電話したら、今日は早めに処置を始めるので、お昼くらいには生まれるかもしれないということでした。
それで、電話で上司に今日は仕事を休ませてもらうようお願いし、早めに家を出ました。

ところが、家を出たとたん、妻から電話が入り、今日は分娩中止とのこと!
何でも、突然医師が一人欠勤になったとか…。
母子ともに状態が安定しているし、準備が万全な状態で出産に臨みたいとのことで、明日以降に延期となりました。

拍子抜けしてしまいました_| ̄|○
というわけで、仕方なく(笑)仕事に出てきました。



posted by とうちん at 15:05| Comment(2) | 妊娠28週〜37週(妊娠後期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

いよいよ…

妊娠37週と2日

今朝の診察で、子宮口が2cm開大していたそうです。
お腹は程よく張っていますが、陣痛ではありません。
もう一人の双子のママ友さんが、今日の昼過ぎに無事出産したので、早くも妻の番が回ってきました。
午後4時にラミナリアという子宮口を広げる器具を挿入しました。
このまま行けば、明日の午前9時から子宮収縮剤の点滴が始まり、午後には出産という予定だったのですが、ラミナリアを挿入してからお腹の張りが強くなり、赤ちゃんの心拍数が早くなったということで、午後6時過ぎにラミナリアを抜去しました。
その後は状態は落ち着いています。
ただ、このまま自然に陣痛が発来する可能性があり、すなわち、今晩中に生まれてしまう可能性があるとのことで、今晩は分娩室で過ごすことになりました。
それに備えて、娘は幼稚園のお友達のところに泊めてもらうことになりました。
私はいつ呼ばれてもいいように自宅待機です。
早く寝ます(^_^;)



posted by とうちん at 19:37| Comment(2) | 妊娠28週〜37週(妊娠後期) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。